Home > 会社情報 > 沿革

会社情報

沿革

1971年11月東大阪市高井田に、現社長森本和治が個人経営として「森本硬質クローム工業」を創業
1977年2月鍍金付きシャフトの販売を開始
1978年4月「森本硬質クローム工業」を資本金1,000万円の法人組織とし、「株式会社森本」と社名変更
1983年10月焼き入れスライド軸の販売を開始
1984年12月「森本精密シャフト株式会社」を設立(資本金1,000万円)
東大阪市川俣に本社工場を新築し設備を導入
1989年3月三重県上野市(平成16年11月より伊賀市)に総合加工工場として上野工場を新築し設備を導入
1989年6月30度台形ねじの販売を開始
1993年5月埼玉県川口市に営業所・製品管理センターを開設
1993年8月東大阪市西堤に製品管理センターを新設
1995年8月上野工場を増築し設備を導入
1995年11月精密ボールねじの販売を開始
1996年5月社内ネットワークを用いた生産管理・販売管理システムの導入
1996年8月上野工場を増築
1997年2月資本金を2,500万円に増資
1997年12月資本金を8,000万円に増資
1999年1月標準規格品生産拠点として三重工場を竣工
最新式クローズド型メッキ設備を導入
2000年5月上野工場にリニアシャフト自動加工仕分けライン導入
2001年4月上野工場にDNCシステム導入
2001年7月生産管理・販売管理システムの再構築
2003年10月三重工場隣地に製品倉庫及び標準規格品の生産工場を新築し設備を導入
2004年4月中華人民共和国江蘇省無錫市に現地法人「無錫森本精密機械有限公司」を設立
2004年12月無錫森本精密機械有限公司 操業開始
2005年2月三重工場にクローズド型メッキ設備を増設
2006年4月中華人民共和国天津市に現地法人「天津森本精密機械有限公司」を設立
2006年6月三重工場にメッキ設備を増設
2007年6月天津森本精密機械有限公司 操業開始
全自動芯なし研削盤・クローズド型メッキ設備を導入
2008年 7月 三重第2工場隣接地に、工場用地取得
2012年6月東京営業所移転、川口物流センターを開設
2013年4月中部営業所を開設。(愛知県名古屋市南区)
2013年6月九州出張所を開設。(福岡県福岡市博多区)
2014年1月九州出張所を移転。(福岡県福岡市博多区)
2014年4月大阪営業所を開設。(大阪府東大阪市)
2014年12月ISO9001:2008(品質マネジメントシステム)以及ISO14001:2004(環境マネジメントシステム)認証取得
2016年4月三重第2工場を増築し設備を導入
2017年6月タイに現地法人「MORIMOTO(Thailand)Co.,Ltd.」を設立
2017年11月本社を新築し、大阪営業所と同時移転。
新住所:大阪府東大阪市長田西5丁目4番13号
2017年12月中部営業所を移転。(愛知県名古屋市西区)
2018年1月MORIMOTO(Thailand)Co.,Ltd. 操業開始