50年の歩み

ごあいさつ

創業50周年を迎えて

私ども森本精密シャフトは、令和3年10月、おかげ様を持ちまして「50周年」という節目の年を迎えました。

昭和46年、東大阪市高井田に、現社長森本和治が「森本硬質クローム工業」を創業し、電子機器・半導体などの高機能部品・
産業用ロボット・自動車などのメカトロニクス製品の製造に欠かせない高精度シャフト・台形ねじ・ボールねじなどの直動部品の
専業メーカーとして歩んでまいりました。

市場や社会環境が目まぐるしく変化するこの時代に、半世紀という長い歴史を刻んで来られましたのは、ひとえにお客様の温かい
ご支援とご厚情の賜物と、ここに改めまして心よりの感謝を申し上げます。

これを機に社員一同、一層の努力を行い、新しい製品・サービスの開発や技術の向上に努めてまいりますので、今後とも、
何卒ご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

森本精密シャフト

代表取締役社長森本 和治

50年の歩み

1970年~

1971年 10月

東⼤阪市⾼井⽥に、現社⻑森本和治が個人経営として「森本硬質クローム工業」を創業
前年には「⼤阪万国博覧会」が開催され、⾼度成⻑の時代でした

⼤阪万国博覧会

1978年 4月

「森本硬質クローム工業」を資本金1,000万円の法人組織とし、「株式会社森本」と社名変更

株式会社森本

1977年 2月

鍍金付きシャフトの販売を開始

鍍金付きシャフト

1980年~

1984年 12月

森本精密シャフト株式会社を設立。資本金1,000万円
東大阪市川俣に本社工場を新築し設備を導入

森本精密シャフト株式会社社屋

1989年 6月

30度台形ねじの製造・販売を開始

30度台形ねじ

1983年 10月

焼き入れスライド軸の製造・販売を開始

焼き入れスライド軸

1989年 3月

三重県上野市(現在の伊賀市)に総合加工工場として上野工場を新築し設備を導入

上野工場

1990年~

1995年 11月

ボールねじの製造・販売を開始

ボールねじ

1999年 1月

標準規格品生産拠点として三重工場を竣工

三重工場

1996年 8月

上野工場を増築

上野工場

1999年 8月

最新式クローズド型メッキライン稼働

最新式クローズド型メッキライン

2000年~

2003年 10月

三重工場隣地に製品倉庫及び標準規格品の生産工場を新築し設備を導入

製品倉庫及び標準規格品の生産工場

2006年 4月

中華人民共和国天津市に現地法人「天津森本精密機械有限公司」を設立

天津森本精密機械有限公司

2009年 8月

天津森本精密に、高周波誘導加熱設備、テンパ炉・矯正機などの焼入れ設備を導入

高周波誘導加熱設備、テンパ炉・矯正機などの焼入れ設備

2004年 4月

中華人民共和国江蘇省無錫市に現地法人「無錫森本精密機械有限公司」を設立

2004年 12月

無錫森本精密機械有限公司 操業開始

無錫森本精密機械有限公司

2007年 6月

天津森本精密機械有限公司 操業開始
全自動芯なし研削盤・クローズド型メッキ設備を導入

全自動芯なし研削盤・クローズド型メッキ設備

2010年~

2012年 6月

東京営業所移転、川口物流センターを開設

2013年 4月

中部営業所を開設。(愛知県名古屋市南区)

2014年 4月

大阪営業所を開設。(大阪府東大阪市)

2014年 12月

ISO9001:2008(品質マネジメントシステム)以及
ISO14001:2004(環境マネジメントシステム)認証取得

2016年 4月

三重第2工場を増築し設備を導入

三重第2工場

2018年 1月

MORIMOTO(Thailand)Co.,Ltd. 操業開始

MORIMOTO(Thailand)Co.,Ltd.

2010年 9月

三重第2工場に、高周波誘導加熱設備、テンパ炉・矯正機などの焼⼊れ設備を導⼊

製品倉庫及び標準規格品の生産工場

2013年 3月

すべりねじの製造・販売を開始

すべりねじ

2017年 6月

タイに現地法人
「MORIMOTO(Thailand)Co.,Ltd.」を設立

2017年 11月

本社を新築し、大阪営業所と同時移転。 操業開始

本社

2018年 11月

無錫第2工場、操業開始。

2020年~

2021年 10月

森本(無錫)経貿有限公司を設⽴

森本(無錫)経貿有限公司

これからの目標

国内に3工場、中国無錫・天津の両工場、タイ工場と生産ネットワークは拡がりました。

それぞれ工場の強みを活かし、それぞれの地域のお客様のニーズを的確にとらえて、国内拠点と海外拠点の最適な機能分
担を進めます。資材調達~生産と併せ、ローカルの人材の育成・活用によって、お客様への対応力を強化し、営業面での
効果を高める事や、リスクヘッジなどの相乗効果を生み出してまいります。

もの造りを通して培ってきた経験・技術を生かし、創業当時の精神で一層の努力をして、取引先の拡大や新分野へ進出な
どの新たな事業展開にも努め、皆様のご愛顧にお応えしていく所存でございます。

サスティナブルな社会を目指す取組みについて

近年、SDGsという言葉に触れる機会が増えました。私たちも、生産
から流通までのプロセス全体において、環境、社会への負の影響を最
小化し、SDGsの目標達成に貢献できるように努めます。

サスティナブル